--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.30

七国見山

DCIM0126.jpg
本日の山行は,呉市上蒲刈島,七国見山です。
七つの国が見渡せるという山ですが,山頂はそんなに展望はありません。
県内各所で吹雪いたようですが,さすが瀬戸内の島は温暖で,風はさすがに身を切る冷たさでしたが,山を登るうちに暖かい陽光で汗がだくだく・・・脱いだら寒いし,着たら汗かくしで,みんなブツブツ言いながら登りました。

DCIM0127.jpg
それにしてもよい天気で,県民の浜からは四国が一望。
ちなみにこちら側から見ると,四国では吹雪いていました。海の向こうの吹雪を見るって,とても不思議な体験。景色もとても摩訶不思議な世界でした。

DCIM0129.jpg
なぞのシュールな看板。
周辺にうどんやは見当たらないのですが・・・
海への絶壁に突然の「うどん」・・・
もしや,対岸が香川だと言いたいのか?(いや,実際は愛媛か)
スポンサーサイト
2011.01.23

やっぱり

甘いものが食べたーい!

と強く思って,年に1回食べるかどうかのケーキを買うことにしたものの,ケーキ屋の手前にあるいつもの和菓子屋でつい,生菓子を買ってしまう。

悲しい人のサガよ・・・・。

結局今年もケーキを食べることはあるのだろうか?
2011.01.16

yuki.jpg
ずいぶん覚悟しましたが,そんなに積もりませんでした。
ただ,ひどい低温が続いたので,うっすら積もった雪が,カキンカキンに凍って,スケートリンクみたいになっています。

朝は早めに出ましたが,やはり夜中から高速道路は通行止めのままでした。
広島ICで降りて,戸坂を抜けましたが,(なんでこっち来たのか)と後悔するくらい,道端にはスリップしてハザードつけた車・車・車・・・。山際なので,雪もけっこう積もっているしで,徐行運転。初めて愛車のABS発動を体験しました。(ブレーキ壊れたんかと思った)

後で聞くと,広島ICから市街地へ抜ける54号線は,事故で渋滞だったらしく,雪道の戸坂を抜けてよかったようです。

今日の運転で一番怖かったのは,スリップではなく,フロントウィンドウ。
ウォッシャー液が凍結して出ず,フロントガラスは乾いた雪でドロドロ,朝日が正面から射すと,乱反射で真っ白になり,さらに路面も白くて反射して,視界がほぼゼロ。うっすらとした前方車両のシルエットだけを頼りに運転しました。むこう着いてから,雪でウィンドウ洗いました(笑)やれやれ。


2011.01.15

天気

明日の天気はどうかな?
うちの周辺でも雪降り始めましたよ。

センター試験だもんね。
応援組ですから。
外で待ってるのも寒い。
明日は遭難するかも(^^;)
2011.01.11

ハリポタ

「ハリーポッター 死の秘宝」まで読み終わり,あらためて1巻から読み直しています。
読み出したら眠れないので毎日寝不足です。

2巻,秘密の部屋で,あばれ柳につっこむあたりまで読んで,旅行の日が来たので,関西空港で洋書版を購入して旅のお供としました。

最初原書の世界に入りにくかったところがありましたが,(ハグリッドはひどく訛っているし)すぐに馴染みました。

むしろ強いギャップを感じたのは原書から日本語版に戻った時。
全く世界に入り込めず,別の本を読んでいるようでした。
言い切り型の文末がとてもひっかかって,言葉が頭に入ってこない。

いやー,こんな経験初めてです。
どちらが悪いとかではなく,英語の世界と,日本語の世界ってこんなに違うんですね。
2011.01.10

CD

昨日は仕事のために8枚もCDを借りてせっせと録音しました。

嵐とか,いきものがかりとか,AKB48とか,Funky Monkey Babysとか,一から勉強せにゃ分からんグループばかりで(^^;)

ところで,ついでに久しぶりに聞きたくなって借りてきた「image」と「feel」。
イージーリスニングのCDなんですが,これを録音していたMDもとうにどこかへ行ってしまったので,改めて聞き直し。

いやあ,ステキな音楽たちは,何年経ってもステキですね。
録音したのは以下の曲たちです。
1「The Song Of Life」
2「地球に乾杯」
3「リターン・トゥ・イノセンス」
4「情熱大陸」
5「エトピリカ」
6「祈り」
7「運命と絆」
8「世紀を越えて」
9「聖なる大地の祈り」
10「パリは燃えているか」
11「ポーリシュカ・ポーレ」
12「神々の詩」
13「ザ・シェルタリング・スカイ・テーマ」
14「NEW ASIA」
15「風林火山ーメインテーマー」

15が仕事に必要な曲,ああ,久しぶりに聞きたいな,と思ったきっかけは10の曲。
でもCD借りたら,「ああ,これこれ」とか「これは外せんでしょ」とか,ごちゃごちゃ加えているうちにこんな全15曲にもなりました。

皆さん,懐かしい曲はありましたか?
2011.01.09

包装

過剰包装・過剰広告(?)だと思うもの第3位。

書籍。

本屋独自のブックカバーは,最近は黙って装着されることはなくなった。
しかし,腰帯に始まり,新刊案内,雑誌案内,しおり,コミックの場合はプラ包装。
本の売り上げが激減している現状では,死に物狂いで広告入れるのかもしれませんが,本買ったら真っ先にこれらを処分しています。出版社には大変申し訳ない。
デジタル化でいろいろ絶滅する恐れあり。
でも自分は紙になっていないと文字が頭に入らない。

第2位
カッターシャツ

襟にボール紙,ボタン,袖口,カタチを崩さぬようにプラスチックで整形,身ごろの内側にボール紙,背中に紙。
何がそこまで必要なのか?
形状記憶が売り物じゃないのか?
うちで捨てるのもめんどくさい。ハンガーにかけて売ってくれ。

第1位
圧倒的優位で靴下。

靴下すごくね?
内側に型芯のボール紙(買った靴下がストッキングだったら,この紙を外すのにその日最大の集中力をもってしなければならなくなる),履き口は商品名の入ったボール紙&プラスチックの小さなハンガー(紙を破らないと取れず,分別がめんどう)足の裏らへんには値札がプラスチックの激しくイラつく物体で差し込まれて留められていて,これを靴下に穴が開かないように慎重にハサミで切ると,必ずといっていいほどヘッド部分が部屋のどこかに飛んで行って行方不明になる。
値下げに値下げを繰り返された商品だと,さらにこの値札が所狭しと差し込まれていたりして,安くてラッキーなんて気持ちはあっという間にふっとぶ。
さらにキーッっとさせるのが,履き口と足先にほぼ必ずついている銀色の金属製の金具。
金属製の故に,さらに分別がめんどう。しかもニットなどの靴下の場合,この金具がうまくとれずに履く前からほつれてしまうという大惨事が起こる可能性が75%。
どうなってるんだ,靴下。
3足980円の割りに,手厚い包装しすぎだろ。

エコへ最も遠いところにあると思われる商品NO.1。

2011.01.05

スペイン雑感

や~,帰って来ましたよ。
長い旅でした。
そして今までになくゴージャスな旅で(笑)
まあ,同伴者がいるんだから仕方ないですが。

治安とかいろいろ言われますが,マドリッドもバルセロナもとにかく地下鉄が便利だった!
バルセロナでは,2日乗車券を購入して乗りまくりましたよ。
特に,ガウディ建築は市街のあちこちに点在するので,地下鉄フル活用が一番便利な気がします。
都会だったなー(笑)

見所が多すぎて,なんだか満足に買い物ができていません。
最低限のお土産だけで,自分に買ったものといえば・・・5ユーロのペンダントとブローチだけ・・・ほんまかい。

特に危ない目にも遭わず,無事帰って来れましたが,最後関空で,同伴者のスーツケースだけが乗り継ぎのパリで乗り継がなかったことだけが残念。わたしはバックパックだったので,あちらに大きなみやげ物を入れていただけに少し残念。2~3日後には送られてくるはずだそうです。

ああ,パンとハムの国から帰ると,お雑煮がうますぎる。
2011.01.03

スペイン七日目

monseratto.jpg
本日1日かけて、バルセロナ近郊の景勝地、モンセラットまで足を伸ばしました

ここはバルセロナからカタルーニャ鉄道で一時間、さらにロープウェイでかけ上がった所です。
ここの教会は、黒いマリア像が有名ですが、あまり美人ではなかったので特に見ていません(笑)
それより入り口横にある、ガウディ作のファサードが、いかにもガウディで、面白かったです。
ここからさらに、フニクラ(ケーブルカー)に乗って、絶景を楽しみました。

覚悟していたほど寒くなく、バルセロナで時間に余裕があれば、ぜひ来てみることをお勧めします。
2011.01.01

スペイン六日目

familia.jpg
あけましておめでとうございます。
本年も更新の少ないこのサイトをよろしくお願いいたします。

新年は、スペイン、バルセロナで迎えています。
今日は、元日にふさわしく?サグラダファミリアに来ました。
残念ながら塔には上がれませんでしたが、最新の内装を見れました。

明後日マドリッドに移動します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。