--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.13

かぶとむし

「かぶとむし」の音楽を,昔はあまり理解できなかった。
今度「変な呪文」を演奏することになって,改めて「青盤」を聞きなおしたら,いい曲多いんだ,これが。

「一緒においで」に加えて,「ペッパー軍曹のさみしい音楽隊」もかっこいいねえ。
「ありのままに」は前から好きな曲だけど,久しぶりに聞くと,身にしみる感じ。熱唱してしまった。
「紆余曲折の道」は,「かぶとむし」の曲じゃないけど,スタンダードナンバーでもある「我が道」並に生きるのがんばろう,と思わせる曲。関係ないけど「我が道」は,私の好きな曲ベスト5に入る曲です。

ここの掲示板の名前にも拝借しているけれど,「たこの庭」は心穏やかになれるね。わたしもたこの庭に行きたいよ。

こうやって聞いてみると,「ありのままに」はかなり異色の曲に感じた。垢抜けすぎている感じ。なんでだろう。わたしは「かぶとむし」フリークじゃないので,曲の背景とか全然知らないんですが,誰か知っていたら教えてください。


以上,管理人の勝手な和訳による日記でした。

それにしても「変な呪文」って・・・言いようがないよな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

高校生の頃、私の周辺では「かぶとむし」始め60年代の音楽が大ハヤリでした。今考えるととてもヘン…(世間は●室ファミリー全盛期なのに)。

私も和訳を!と思いましたが、好きな曲は固有名詞…(;^_^A
「なすがままに」は異色だと私も思います。「昨日」と同じで有名だからかなと思ってたんですが、なーんか違うんですよねえ。詳しい背景は知りません…ごめんなさい。

×なすがままに
○ありのままに

m(__)m

No Title

×なすがままに
○ありのままに
勝手な和訳ですから(笑)気にしないでください。

実を言うと,青盤に入っていない,ノルウェイの森とか,エリナーさんなんかも好きです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。