--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.29

列車

今回,ベトナムに行ってあらためて気づいたんだけど。

自分,列車の旅が結構好きみたい。

学生の頃から,国内でも,時刻表にらんで,在来線乗り継いで目的地に行くのが好きだったことを思い出す。
試合の中四国遠征では,帰り道自分であれこれ乗り継いでよく帰っていました。

思い出深いのは「急行砂丘」。
鳥取に帰るには岡山からこれに乗るのが最短距離。
急行列車とは思えない,くたびれた車両だったけれど,ああ,山陰に帰るんだ,という風情があってとても好きでした。いまは「特急スーパーはくと」にとって替わられ,廃止になりました。

札幌から知床斜里,バンコクからノンカイ,上海から広州,昆明,大連から瀋陽,ハルピンから大連,ハノイーフエ間・・・鉄道が走っているって,結構国力を示すシンボルですよね。って,それは一昔前の話ですか。

飲み物買って,動いていく車窓をぼーっと眺めながら,次到着する場所のことを考えたり,家のことを考えたり,(仕事のことを考えてはいけない)ゆっくり考える時間があるのが一番のいいところかもしれない。


鉄子じゃないですけどね。
また乗りたいなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。